【明るいモニターが苦手な人必見】VAパネル144hz湾曲ゲーミングモニターが、破格の19980円で新登場! Pixioの新作PXC243 をレビュー
スポンサーリンク

今日は、猫と犬は登場させず、普通の文体のレビューとします(=^・^=)

Pixioの新作モニターPXC243

本日発売のPixioの新作モニター、PXC243をレビューしていく

聞きなれないPixioというメーカーについては、先日の240hzモニターPX5 HAYABUSAのレビューで確認してほしい

基本スペック

24型
1920×1080 at 144hz
湾曲VAベゼルレスパネル
応答速度3ms(GtoG)
接続端子:DP×1/HDMI×1/DVI×1/Head Phone Jack
輝度 250cd
価格 19980円 (2019/8/30現在)

PXC243の注目すべき点は、144hzのゲーミングモニターとしては珍しくVAパネルを採用しているという点だ

一般的なゲーミングモニターはそのほとんどがTNパネルを採用しているのに対し、あえてVAパネルを採用した意図について確かめていきたい

ベゼルレス湾曲モニターはなかなかにスタイリッシュ

ベゼルレス(外枠小さめ)+湾曲は想像以上におしゃれだと感じた

ゲーミングモニターっぽさがなくシックなデザインで、これはぜひオフィスに置きたい一台だ

ちなみに田舎者の私はオフィスというものが何かはよくわかっていない

私は初めて湾曲モニターを使ったのだが、実使用では特に違和感がなかった

スポンサーリンク

軽量、ジョイスティックボタンなどの仕様はPX5 HAYABUSAと同じ

ガワの基本仕様はPX5 HAYABUSAと同じだ

軽量で持ち運びもしやすい

乳首もといジョイスティックによる設定の操作しやすさも健在

ただし、HAYABUSAにあった高さ調整、回転機能はないからその点は注意
角度調整は可能だからほとんどの人にとっては問題ないだろう

圧倒的な黒表現

VAパネルの特徴は、圧倒的な黒表現だ

TN、VA、IPSと3種類あるパネルの中でも、VAパネルの黒表現は唯一無二のもので、唯一純粋に近い黒を表現できると言っていい

実際にPXC243と、ゲーミング用途において定番であるBENQのTNパネルモニターを比較してみたから、その違いを確認してほしい

左: PXC243 右:BENQの144hzモニター

いかがだろうか

皆さんの今使用しているモニターにもよるだろうが、PXC243のほうが圧倒的に純粋に黒、もとい松崎しげるを表現できている

TNパネルでは黒が青っぽくなってしまっていることがわかるだろう

映画やアニメを見たり、ゲームをするときも、TNパネルでは得られない黒表現で没入感が増すことは間違いない

VAパネルはFPS用途としては微妙

このブログはFPSゲーマーに向けてのブログなので一言言っておくと、VAパネルはFPS向けのパネルではない

FPSにおいてはっきりとした黒は別に必要のない表現だし、VAパネルは製品にもよるが輝度が低めなので見やすさに欠ける場合がある

例えばPUBGでのプレイを比較すると、輝度が低く黒が強いせいで、PXC243は室内の視認性に欠けていることがわかる

左: PXC243 右:BENQの144hzモニター

もちろんGeforceの設定から明るさを上げれば視認性は向上するが、VAパネルの黒表現という利点が失われてしまう為、だったら最初から定番のTNパネルを採用したモニターを選んだほうがいい

応答速度と表示遅延

ちなみに、VAパネルはTNパネルに比べると応答速度が遅くなる傾向にある

例えば、PXC243は応答速度3ms(GtoG)だが、同社のPX5 HAYABUSAは0.6msだ

しかし、理論的に3msと0.6msの差を体感することはできない為、基本的には気にしなくていい

念のため表示遅延も人力でチェックしてみたが、いつも通りの感覚で最速0.12秒代は出せる為、このモニターで反応速度が出せないからと言ってそれはモニターのせいではない(4つ目は力みによる誤クリック)

使用サイト  http://reaction.html.xdomain.jp/

暇なら皆さんもやってみてほしい(スマホでやると遅くなるので注意)

FPSの反応速度論については、今後世界一わかりやすい、FPSの教科書 反応速度編の中で詳しく解説する

FPS以外のPCゲーマー、FPSゲーマーのサブゲーミングモニターにおすすめ

FPSゲーマーには勧めないが、逆に、RTSやMMOなどFPS以外をメインでプレーするPCゲーマーにとっては、かなりいい選択肢になる

VAパネル搭載で144hz駆動、そして市場最安値のコストパフォーマンスは非常に魅力的だ

私もアサシンクリードなどのオフラインゲーで使用しているが、他のモニターに比べて古代の街並みがより自然に表現されている

つまり、高hzに慣れたFPSゲーマーが、どぎつい輝度のモニター以外でゲームをする目的で、すなわちサブゲーミングモニターとして使用するのにもおすすめということだ

まとめ

今回は、Pixioの新作モニターPXC243をレビューした

144hz駆動のハイコスパVAパネルゲーミングモニターは、求めるものがはっきりしているゲーマーにぜひ手に取ってほしい

  • 19000円代の市場最高コスパ
  • 明るいモニターが苦手な人に
  • FPS以外の黒表現を重視するゲーマーに
  • FPSゲーマーのサブゲーミングモニターに
スポンサーリンク
おすすめの記事