【最強エイム練習】正確無比なエイム力を身に着ける為のエイム練習のやり方を解禁します【PS4,Switchもいけます】
スポンサーリンク

はじめに

ついにやっちゃいますか

今回は、タイトル通り最強のエイム練習を紹介します

練習法自体は特に新しい方法ではなく、10年以上前に自分もやっていたような練習です

しかし最近その有効性を強烈に感じる事件があったので、これはもうまとめて公開するしかねえなと思いました

エイム練習といえば、最近は高速で複数の的を撃つような練習が流行っていますが、それとは逆の性質の練習です

これ系の練習をやったことがない人は、マジで信じられないくらいうまくなるのでぜひ楽しみにしていてください

これはもう国家機密レベルの情報です

※この記事の内容は、先にこっちの記事を読んでから行うと効果が倍増します

エイムが上手い人と下手な人の違いは、視点移動にあり!

FPSでは敵と接敵していない時でも常に視点移動を行っているわけですが、この視点移動とエイムを分けているうちはエイムはうまくなりません

エイムとは、敵がいる位置に視点を移動させる行為なわけで、接敵していないときの視点移動と本質的に同じものです

正確な視点移動が体に染みついているのならエイムも正確になりますが、普段の視点移動を雑に行っているのならエイムも雑になります

エイムが綺麗と言われる人は、視点移動からして美しいのです

スポンサーリンク

正確な視点移動ができれば素早いエイム(フリック)もできるようになる

正確さを意識した練習だけで素早いエイムは身につくのか、というお話ですが、普通に身に付きます

旧ブログでも解説しましたが、正確な動作を繰り返せば自然と速度が増すのが人間の特性です

練習によって正確な視点移動が体に染みつけば、素早いエイムもできるようになります

例えば、下の動画は昨日撮ったクリップです

特に素早く狙ってやろうと思ったわけではないですが、それなりにスピード感のあるエイムになっていると思います

もちろん画面上の複数の的を連続で狙うようなゲーム性の場合また別の練習が必要になってきますが、通常のFPSであれば、フリック練習に特別な時間を割く必要はないと私は思います

具体的な練習法

それでは、ここからは正確な視点移動を身に着ける為の具体的な練習法を紹介します

練習法は全部で3つです

この3つを日々のルーティーンに取り入れ、美エイムを目指しましょう

即効性も高いです

徐々に複雑になっていくので、順番にこなすことをお勧めします

①壁の線なぞり

その名の通り、マップ上の線をなぞる練習です

ひたすらゆっくり正確になぞりましょう

少しでもずれたら原因を探ってください

静止した速度の制約がない状態で様々な方向に大きく動かす練習ができるので、視点移動練習のはじめの一歩として最適です

できない人は、まずはここからスタートしましょう

これができないことには下二つもなかなか難しいと思います

できる人にとってもいいウォーミングアップになるので、最初にやりましょう

私が昔やっていたゲームでは定番の練習として流行っていましたが、最近はあまり聞かない印象です

やはり先人の知恵は偉大ですね

②一点を捉え続ける(PSAメソッド)

マップの一点を、前後左右に移動しながらずっと中心にとらえ続ける練習です

これがかな~~~り効きます

PC勢は関節の可動域の問題がありますが、実際のFPSでは手首100%肘100%のように必ず分かれるわけではなく常に連動してエイムが行われるので、連動させた状態での練習は必ずやっておきたいです

この練習で、距離に応じた手首と肘の使い方を学ぶことができます

センシにもよりますが、遠距離は手首メイン、中距離は手首と肘の組み合わせ、近距離は肘メインのような感じになると思います

できるだけマウスパッドを目いっぱい使うように大きく動くのがポイントです

ADSだけでなく腰だめもきちんと練習しましょう

慣れてきたら

完全に慣れてきたら、ちょくちょく捉えるポイントを切り替えながら揺れましょう

それもできるようになったら、リコイルコントロールをしながらやったり、上下の視点移動を追加するなど難易度を上げていきましょう

上下の視点移動追加バージョンは難しいので、できなさそうだったら無理にやらなくてOKです

自分も最後動画内で思い出してやってみましたが、初見じゃうまくできませんでした

PSAの元ネタ

この一点を捉えながら左右に揺れるという行為は、perfect sensitivity approximation method通称PSAメソッドと呼ばれるセンシ決定法として非常に有名です

ここから転じて、一点を捉え続けながら移動することをPSAと一部の人が呼ぶようになりました(英語の意味的には意味不明です)

例:「あいつのPSAはすげぇ!」

個人的には、この方法は微調整に使う分にはいいと思いますが、適切なセンシを決定するのは色んな理由により無理だと思っています

③マップ散策とイメージトレーニング

PSAの実戦への応用として、マップを自由に散策します

この時、様々な敵の状況を想定して実戦同様にクリアリングしていくと、色々な能力が一気に身に付きます

「いつもこの位置でやられるから丁寧にクリアリングしよう」

「もしあそことあそこの二か所に敵がいるとしたら、この顔の出し方はまずいな。先に左にフラグを入れてから右だけクリアしよう」

このような事前のイメージトレーニングで得られる情報はかなりのものです

このイメージトレーニングと実戦を交互に繰り返すと飛躍的にうまくなります

CSや無料FPSなどの古典的なFPSの上位勢の視点移動が綺麗なのは、クリアリングで壁際の1点をなぞっていく練習を自然とやるからだと思います

自分はこれといったエイム練習はずっとしたことがなかったのですが、これを徹底的にやっていたことで正確なエイム感覚が身に付きました

エイム練習法の紹介は以上になります

最後に

さて、今回は、正確なエイムを身に着ける為の最強のエイム練習を3つ紹介させていただきました

マジでこの練習は信じられないくらい効果があるので、かなりおすすめです

目指せ一億総美エイム社会( ゚Д゚)

スポンサーリンク
おすすめの記事